iPhone 国や地域 変更方法【留学 ワーホリ 必見】

こんにちは、永遠の修行僧かず君PhDです( ツイッターインスタ)。

視能訓練士向けのお勉強ブログもやっていますので是非遊びに来てください!

海外で生活し始めると意外と現地のアプリを使うと便利だったりします。

特に銀行のアプリは重宝します。

日本人同士や外国のお友達とお金のやり取りをする時、現金でのやり取りでもいいのですが、基本的にキャッシュレスが物凄く先を行っているので、その場でアプリを使ってサクッと送金します。

日本のように通帳なんて海外ではありませんので、残高や取引履歴をアプリでサクッと確認したりします。

銀行以外にもスーパーマーケットのポイントなどもアプリで操作するとかなり便利です。

暫く生活するとアプリの利便性を感じてきます。

しかし、現地のアプリは iPhene の国や地域の設定が日本のままだと「対応していません」と表示されダウンロードできないんです。

今回は、その設定を日本から現地に変更する方法です。

基本的に2つ方法があります。

① 海外の Apple ID を追加で取得する

② アカウント情報を変更する

今回は簡単でリスクの低い ② アカウント変更の方法です。

注意事項

やる前に以下の3つだけ確認事項です

① Apple IDにクレジット残高があるとこの変更ができません

② App Store で過去に購入しているもので、ディバイスからは削除しているけど、必要そうなものは、再度ダウンロードしましょう(国や地域が変わってもディバイス上にあるものは消さない限り使えます)。

③ 支払い情報の変更を要求されるので、現地のクレジットカードかデビットカードが必要です。

では変更していきましょう。

 

変更方法

最初に「Setting」を押し、ちょっと下の方にある「iTunes & App Store」のボタンを押します。

自分の 「Apple ID 」をクリックし、「View Apple ID」を押します。

「Country/Region」をクリックし、「Change country or Region」を押します。

国のリストがずらっと出てきますので、設定したい国に合わせます

同意を求められますので良ければ同意します。

最後に支払い情報を入力し、終わったら右上の「Next」をクリックしたらおしまいです。

 

さいごに

意外と現地のアプリを使うと便利なことが多いので、滞在が長い方は現地に着いて、身の回りが整ったら変更してみてください。

今回の記事を読んでいて気付いたかもしれませんが、海外で生活するときは言語を英語にしておくことをおススメします。

周りの外国人に道を聞いたり教えたりするとき、ちょっとした不具合を見てもらうときに日本語表記だと皆さん分かりませんからね。

この記事面白かった、役に立ったと感じた方は気軽にシェアしてください!

ツイッター(KazukunORTPhD)、インスタグラム(kazukun_phd)、視能訓練士向けのお勉強ブログもやっていますので是非遊びに来てください!