JALファーストクラスに乗った物語 【ヒースロー羽田】前編 搭乗手続きからラウンジパトロールまで

こんにちは、永遠の修行僧かず君PhDです。

 KazukunORTPhD kazukun_phd

皆さん国際線のファーストクラスに乗ったことはありますか?

死ぬまでに一度は乗ってみたいと思うファーストクラス🛫。

今回まっちょ系研究者のかず君がイギリス留学から本帰国する際に乗ったので、自分なりの感想を述べたいと思います。

勿論、お金なんて持っていないのでマイル購入です(セコw)

First Classっていくらするの?

まず本題の前にお金の話し。

金額に関しては航空会社によって違いまし、距離によっても全く異なります。

かず君が乗ったJALのヒースロー ⇔ 羽田の片道運賃は1,875,000円+税金・燃油です。

往復で買うとお買い得で、2,678,000円+税金・燃油です。

100万円ほどお値引きして頂き、だいぶお得になりますね!!

因みに以下に東京から諸外国へのファーストクラスの運賃をまとめてみました。

航空券は購入時期によって割引が適応されていますが、ファーストクラスは据え置き価格ですので急いで買う必要はありません。

本当のお金持ちは時間にもゆとりがあるのですね。

マイルって使い方で価値が変わる

皆さんクレジットカードやポイントサイトを使い必死にマイルを貯めていると思います。

マイルは航空券に変えた時に最も価値あるものに変わります。

通常マイルを他のポイントに変える場合1マイル = 1 – 2円の価値にしかなりません。

しかし、航空券に変えると1マイル = 8 – 20円くらいの価値になります。

貯めるのが大変ですので、貯めたマイルは航空券に変えて少しでも得をしたいですよね!

カウンターでの手続き

さて、本題に入りたいと思います。

かず君はJALの上級会員であるため、one world加盟の航空会社を利用する際は、ビジネスクラスやファーストクラスのカウンターを使えます。

ヒースローT3ではファーストクラスが1レーン、ビジネスが2レーンと少なく、最近増えてきた上級会員の貴族によって混雑することがあります。

なのでいつも空いているプレミアムエコノミーののレーンに並んでいます。

意外に空いているのでおススメです。

今回もFirst Classカウンターは混んでいたのでPremium Economyでチェックインを行いました。

かず君は眼が悪いので、緊急事態で万が一避難が必要となった場合、皆さんに迷惑がかからないように、”ご搭乗にお手伝いが必要な方”に事前に登録するようにしています。

そのため、受付時にスタッフの方に色々聞かれます。

基本的には身の回りのことはすべてできるのですが、暗闇になると殆ど見えなくなるので、避難等が必要な場合は最後に動きます。

とカウンターで声をかけるようにしています。

しかし、今回はファーストクラス搭乗者に加え上記の申請があったため、カウンターにグラウンドスタッフ(GS)の方が待っていて下さいました。

明るいと基本的に見えているので大丈夫ですよ。

とお断りしたのですが、折角カウンター裏で待っていて下さったので、セキュリティゲートまでご一緒しました。

どう見てもまっちょで力持ちそうなかず君に対し、「お手荷物お持ち致しましょうか?」と聞かれました。

これも「トレーニングの一環なので大丈夫です。」っと言ったら笑ってくれ、今まで少しお客様のような対応でしたが、フレンドリーな対応に変わりました。

たった100mくらいの道のりでしたが、とても優しい方で会話が弾み、CAさんやGSさんって接客のプロだと改めて思いました。

Security Gate

これは、ヒースローに限局したことではありませんが、上級会員、ファーストクラス、ビジネスクラスの方は、通常の民たちが並ぶ大行列のレーンとは別の特別なFast Security レーンを使用することができます。

観光シーズンは、Fast Security レーンも混雑しますが、繁忙期でなければ待ち時間なく通過することができます。

これは本当にストレスなく通過できるのでありがたいです。

上級会員の恩恵はこれが一番だと感じています。

ラウンジ

皆さんもゴールド以上のクレジットカードを持っていれば、クレジットカード会社が運営するラウンジに入れるのはご存知だと思います。

しかし、航空会社は上級会員、ファーストクラス用のラウンジを運営しています。

会社によってラウンジのレベルやサービスが異なり各社のラウンジをパトロルするのも楽しいです。

かず君は一時帰国の時いつもヒースローを使っていたので、色々パトロールしたので少し紹介します。

因みに、JALはone worldに加盟しているので、one worldに加盟している航空会社であれば利用できます。

 

British Airways(BA)

JALはヒースローに自社のラウンジを持っていないので、本拠地のBAのラウンジを勧められます。

ヒースローには5つターミナルがあるのですが、BAがメインとしているのはT5なので、正直T3のラウンジはそこまで豪華ではありません

とは言っても、シャンパン・ワイン・ソフトドリンク・食事を無料で楽しめます

BAはT3に通常の上級会員用のラウンジとビジネスクラス以上の貴族ラウンジの2つを運営しています。

かず君は今回貴族ラウンジに潜入したので写真を何枚か共有したいと思います。

はじめに入って直ぐ正面の写真です。

入って一番最初に見えるのはウェルカムドリンクです。

銘柄までは覚えていませんが確か2,3種類のスパークリングがありました。

とりあえず全種類少しずつ頂きウォーミングアップ。

ラウンジの窓からの景色はこんな感じです。

窓から見える駐機場はやはりBAの飛行機です。

イギリス滞在時はLCCの飛行機に乗ってばかりで、BAは2回しか乗りませんでした。

こちらはラウンジで食べたものです。

一応ダイニングがあるようですが、かず君が行った時間帯はダイニングの提供をしていませんでした。

そのため、ビュッフェの軽食を頂きました。

T3のBAのラウンジは正直かなり地味です。

なのでいつもT3を使う時はBAのラウンジには行きません。

しかし、T5にあるファーストクラス用のコンコルドラウンジはもっと豪華です。

機会があったらいつか行きたいと企んでます。

BAの貴族ラウンジに入ったものの、いつも利用している通常の上級会員用のラウンジと大して変わらないのでさっさと退散し、次に行きました。

Cathay Pacific Airlines(CX) 

CXのラウンジが一番好きです。

何故かと言うと、食事が美味しいからです。

CXのラウンジでもシャンパン・ワイン・ソフトドリンク・食事が無料で楽しめます

更に、ヌードルバーがあり、小籠包・麺類などの美味しい中華料理も勿論無料で楽しめます

以下のような感じです。

夜便は混んでいて賑わっていますが、早朝便はCXの飛行機が飛んでいないのかガラガラです。

右側のカウンターにメニューがあるのでそこで注文します。

そうすると、ワイヤレスの呼び鈴を渡され、出来上がるとバイブレーションで教えてくれます。

お食事スペースはこんな感じです。

とにかく綺麗で豪華です。

家族連れには優しい6人掛けのテーブル。

この日は空いていたので6人掛けテーブルを独り占め。

奥にはバーカウンターもあります。

一通りのお酒はおいてありました。

BAラウンジでウォーミングアップしたので、ここではスパークリング1杯だけ頂きました。

CXのラウンジで2食目突入です。

ヌードルバーで注文した麺類と小籠包を頂きました。

できたてのクロワッサンかは分かりませんが、丁度クロワッサンが奥から出てきたので頂くことにしました。

美味しかったので一瞬でなくなりました。

包み物も一通り頂きました。

メニューに書いてあった包み物を全種類頂きました。

美味しかったので、このあともう一回転しています。

見ているだけでお腹が空きますね。

ここでいつもお腹いっぱいになるまで頂きます。

次はデザートです。

Qantas Airways(QF)

QFもCXと同じくらい豪華なのですが、QFは明るいので好きです。

以前の記事でもご紹介しましたが

ひらちゃんPhD

ベーチェット病は難病指定されている原因不明の自己免疫疾患です。口内炎、結節性紅斑、ぶどう膜炎、外陰部潰瘍の4症状を特徴と…

眼が悪いので明るさが大事です。

それにコーヒーやデザートなどの甘味が外国っぽくて、いつもラウンジパトロールの〆に来ます。

T3のQFラウンジは二階建てになっており、1F  は主に注文して食べるダイニングエリア。

2Fはビュッフェスタイルの食事・ドリンク・シャワールームとなっています。

中にエレベータがありますので機内持ち込みのキャリーケースなどを持っていても心配することはありません。

QFラウンジを2Fから撮影してみました。

1Fと2Fが写るような角度から撮ってみました。

この階段は登るときよりも下るときの方が迫力があって好きです。

機会があったら下りてみてください。

1Fのダイニングはこんな感じです。

奥にはテーブル席もあり家族連れにも優しい設計になっています。

何回も入っていますが未だに1回も注文したことないのでメニューは謎です。

散々食べて飲んだ後は、このカフェラテで〆。

甘味もありますが、あんまり甘い物を食べないのでいつもラテしか頼みません。

カウンターの方が気を利かせてくださりハートマーク。

BAのシャワールームはたまに混んでいて待つことがありますが、QFのシャワールームは待ったことはありません。

それに加え、いつも綺麗で、アメニティの匂いが、THE海外っといった感じなので好きです。

毎回フライト直前はここで身を清めてから帰国します。

最後にボディローションを沢山塗って機内の乾燥対策を行い、搭乗ゲートへ。

*実はAmerican Airlines(AA)もone world加盟会社で、T3にラウンジがあるのですが、学食のようなラウンジなので今回は紹介していません(むしろ1回だけしか行ったことありません)。

 

まとめ

2年間イギリスに住み、イギリスはもう飽きて早く日本に帰りたいと思っていましたが、本当に日本帰るとなるとなんだか涙が出てきたのを思い出しました。

お世話になったのはイギリスなのに、なぜかBAではなくQFラウンジに一礼をし、搭乗ゲートに向かいました。

搭乗のお話しは後編をお楽しみください。

関連記事

こんにちは、永遠の修行僧かず君PhDです。  KazukunORTPhD、 kazukun_phd 今回は前回お話しした、JALファーストクラスに乗った物語の後編になります。 まだ前編を読んでいない方は是非前編から読んでいただけた[…]

この記事面白かった、役に立ったと感じた方は気軽にシェアしてください!

 KazukunORTPhD kazukun_phd も宜しくお願いします。