ハリファックスでの一般ごみ・粗大ごみの捨て方を徹底解説

こんにちは、永遠の修行僧かず君PhDです。

 KazukunORTPhD kazukun_phd

皆さんごみの分別はちゃんとしていますか?

リサイクルされるからバンバン捨てて大丈夫でしょ?

なんて心の中で思っていませんか?

ゴミの問題ってかなり重要課題で、リサイクルするにもかなりのエネルギーを使い環境を破壊します。

一番大切なことは、個人個人が意識して少しでもごみの量を減らすことです。

ごみの量を減らすことはできますが、便利な環境で生活している以上ゼロにすることはできません。

なので、自分達が出してしまったごみは、土に戻せる物は戻し、戻せない物は適切な分別によって処分するのが義務です。

それは世界どこにいても同じですね。

今回はハリファックス のごみの分別および捨て方について詳しくまとめました。

個人的にはハリファックスの再利用の精神が物凄く好きです。

宜しくお願い致します。

一般ごみの出し方

日本同様マンションではごみ集積所が地下にあり、そこまで持って行きます。

今住んでいるマンションの地下のごみ捨て場はこのようになっています。

左上の写真の蓋つきのごみ箱は Green waste(生ごみ)専用です。

Garbage(一般ごみ)・Recycle に分けられています。

後ほど触れますが、一般ごみは隔週、その他は毎週収集車がきます。

マンションの場合は地下に集積場があるので、ごみはいつ捨てても大丈夫です

その一方で、一軒家の場合は少し異なります。

日本の場合、地区ごとの収集場所がありそこに持って行くと思います。

ハリファックスでは各家庭の前の縁石に出します

朝7時から収集車が来るので、一軒家の場合は前日19時からしか出すことができません。

一般ごみの分別

分別は主に4種類です。

web上に上記の分別表(PDF)があるので印刷して冷蔵庫に貼っておくと良いと思います。

分別表(PDF)

Sorting Guide English 2017

一般ごみの分別について少し解説します。

Green waste(緑の蓋つきBox)

食品の生ごみ・キッチンペーパー・コーヒーフィルターなどが含まれます。

家の中では、生ごみと一緒に捨てる事ができるこの紙袋に入れると楽です。

この特殊な紙袋はスーパーマーケットで普通に売っています。

Recycling 1(Blue bag)

紙以外のリサイクルです。

プラスチック容器・ビン・缶・アルミニウム系が含まれます。

ビニール袋などもプラスチックが含まれているのでこちらになります。

ハリファックスではビン・缶などはリサイクルセンターに持って行くと、1つにつき ¢5(約4円)の返金を受け取れます。

関連記事

こんにちは、永遠の修行僧かず君PhDです。  KazukunORTPhD、 kazukun_phd 皆さん環境のことって考えていますか? プラスチックが環境をめちゃくちゃ破壊しているだけでなく、マイクロプラスチックが体に有害なのは[…]

Recycle 2  (Clear bag)

紙類および段ボールです。

使用済のティッシュペーパーなどは含まれません

マンションの場合、コンテナにそのまま入れられますが、一軒家の場合は中身が見える透明な袋にまとめて出します。

Garbage (Clear bag)

上記に含まれない一般ゴミです。

中身が見えるように透明な袋に入れて出すことになっています。

分別に困ったらWebサイトかアプリ(Apple storeGoogle play)でごみの種類を入れると何に分別すべきか教えてくれます。

分からないから一般ゴミでいいやーという軽率な行動が環境破壊につながります

一般ごみに出せる量

一軒家の場合・・・1回で6袋まで

6 unit 以下のアパートの場合・・・1 unit 4袋まで

マンションの場合・・・特になし

Recycle 1 のごみは透明な青い袋、それ以外は透明な袋にいれます。

1袋の重さは 25kg までとなっています。

また、庭の木を裁断し束ねて出す時、1つの重さが 34kg までです。

普通に生活していたら超える量ではないので気にする必要はありません。

気になるのは電化製品を含めた粗大ごみですね。

粗大ごみの出し方

一軒家は1回の収集に1個まで、6 unit 以下のアパートは2個まで出せます。

一軒家の場合こんな感じで家の前に出します。

上述の如く、1回の収集で1個までしか回収してくれませんから、沢山出すと暫く残ります…。

冷却ガスを含んでいる冷蔵庫やエアコンなどはこれを除去した状態で出さなくてはいけません

除去した冷却ガスは、ゴミとして捨てる事は出来ません。

household special waste (HSW) drop-off depot  に持って行かなくてはいけません。

分別表の右側にある Other のごみもここに持って行く必要があります。

ちなみに、マンションの場合は地下の集積場に置くだけです。

ごみ収集日

地域によって違いますが、ハリファックスは基本的に月曜日です。

一般ゴミは隔週で収集されるのですが、リサイクル系は毎週収集されます。

収集日のカレンダーはWebサイトかアプリ(Apple storeGoogle play)で確認できます。

家具等その他の処分方法

これまでは、”捨てる”という観点でお話ししてきましたが、”再利用”の観点でお話しします。

Kijiji

カナダではweb上で中古品を売ったり買ったりする Kijiji というサイトがあります。

サイトを見ると分かると思いますが、車など色々な物がやり取りされています。

賃貸やルームメイトなどもこちらで見つける事が出来ます。

結構厳重なサイトなのでぼったくり等もありません。

後日詳細な記事を載せる予定ですが、かず君もベッドを出店し、CA$300 で売却しました。

関連記事

こんにちは、永遠の修行僧かず君PhDです。  KazukunORTPhD、 kazukun_phd 日本でも物の売り買いができるサイト結構ありますよね。 カナダでも有名なサイトがあります。 その代表的なサイトが本日ご紹介する[…]

Curbside Give Away Weekend

年に2回くらい Curbside Give Away Weekend と言う週末があります。

処分したい家具等を沿道に出せば欲しい人が持って行くことが可能な日です。

上記のweb上では、2019年は6月8,9日、10月19,20日となっています。

沿道に置く

Curbside Give Away の習慣があるので、Curbside Give Away の日でなくても晴れた日の沿道に処分したい物を出します。

そうすると欲しい人が持って行きます。

勿論ごみ収集とは別の日です。

実際かず君も先日の転居の際に、以前の住人から引き継いだ物等を沿道に出しました。

全部物がよく綺麗だったためか、3時間後に見たらなくなっていました。

ただ注意しないといけないのが、マンションではごみ集積場が建物内にあります。

数日間沿道において引き取り手がいなかったら、各自責任もって建物内の集積場に運ばないといけません。

さいごに

今回はハリファックスにおける一般ごみ・粗大ごみの捨て方についてまとめました。

今回載っていなかったことなどはweb上でご確認ください。

https://www.halifax.ca/home-property/garbage-recycling-green-cart

細かく説明してあるので正しい処分方法が分かると思います。

ハリファックスの公式サイトでも、再利用できるものはKijiji に出しましょうと言っています。

使える物は最後まで使う精神が大好きです。

この記事面白かった、役に立ったと感じた方は気軽にシェアしてください!

 KazukunORTPhD kazukun_phd も宜しくお願いします。